那須の紅葉スポット2021見頃や時期は?ロープウェイやつり橋、ゴンドラどれがおすすめ?

スポンサーリンク

家族向けの観光地が多いイメージの那須には、紅葉も楽しめるスポットがたくさんあります。

那須の紅葉スポット2021年の見ごろはもうすぐです。

那須紅葉スポットには、ロープウェイ、つり橋、ゴンドラと選べる3つの楽しみ方があります。その時の気分で好きな方法を試してみてはいかがでしょうか?3つの特徴をご紹介致します。

目次
スポンサーリンク

那須の紅葉スポット2021の見頃は?

那須高原の紅葉スポット2021の見ごろ時期は早く9月下旬から色づきはじめ、10月上旬~10月中旬になります。短い期間ですね。

那須高原にある紅葉の種類はナナカマド、ダケカンバ、ブナ、ドウダン、ツツジ、モミジと都心に比べて豊富なのが特徴です。様々なパターンの紅葉が織り成す景色は人々の目に焼きつきます。

那須の紅葉スポット2021のおすすめ

おすすめスポットは茶臼岳、朝日岳、那須ロープウェイなど。

電車でのアクセスはJR黒磯駅からバスで約1時間。車でのアクセスは東北道那須ICから約20kmでちょっとした旅行に最適になっています。

スポンサーリンク

那須ロープウェイ

那須高原といえば有名なのは那須ロープウェイですね。活火山でもある茶臼岳の7~9合目にロープウェイがあり登山が不安な方にはおすすめ。

紅葉の時期になると上空から色づいた紅葉を一気に楽しむことができます。連なる那須連山の中でも主峰である茶臼岳の山頂につけば、さらに赤や橙に染まった山々を眺めることができて、幸せなひと時がすごせます。

山の裏手側からは白い噴煙が見えることもあり、活火山としての茶臼岳を感じることもできます。

所要時間は1合目からおよそ40分前後。大きなゴンドラで安全に楽しめるロープウェイになっていますので家族にはぴったりの紅葉スポットです。

もみじ台大吊橋は那須の紅葉スポット

西那須野塩原インターチェンジから車で約15分のところにある、もみじ台大吊橋は平成11年に完成した全長320メートルの長さを誇る吊橋です。

その吊橋からは四季折々の景観を楽しむことができ、老若男女と問わず親しまれている紅葉スポット。紅葉の見ごろは2021年11月上旬~11月下旬となっています。営業時間は8:30~16:00と少し短めですが秋晴れの日に訪れたいですね。

料金は大人が300円、子供は200円とお手軽価格。のんびり歩いて楽しめます。

もみじ台大吊橋の近くには温泉街や、千本松牧場などのんびり自然に触れるきっかけが広がっていますのであわせて楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

ハンターマウンテンの紅葉ゴンドラもおすすめ

日塩もみじライン沿いにあるハンターマウンテンでは、紅葉ゴンドラ2021特別運行が予定されています。時期は10/ ~10/の8日間。

6人乗りのゴンドラは2400mをおよそ10分で移動し、あっという間に標高1600mの山頂まで到着することができます。山頂には関東平野や日光連山を見渡すことのできる展望台もあり、スムーズに楽しめるのが特徴です。

さらに嬉しいサービスは、ペットも乗車可能なところ。

普段はペットを旅行に連れていけないという方も、ペット料金800円で一緒にゴンドラを楽しむことができますよ。

まとめ

那須には紅葉スポットがたくさんあり、飽きることなく楽しむことができそうです。紅葉だけではなく、温泉街はもちろん牧場やどうぶつ王国など数え切れません。

今まではハイキングやドライブで紅葉スポットを楽しんでばかりだった方も、2021年はロープウェイやゴンドラで楽しんでみてはいかがでしょうか。

いつもとは違った視点から紅葉が楽しめますよ。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる