シロツメクサ(クローバー)の花言葉が復讐の由来とは?花冠にすると

シロツメクサ
シロツメクサは、別名「クローバー」と呼ばれ、一般的には「幸運」といった花言葉が浸透していますよね。

しかし、「シロツメクサ」の花言葉には「幸福」とかけ離れた意味の「復讐」という花言葉もあります。

なぜ、真逆の意味の花言葉もあるのでしょうか。「復讐」と付けられた由来と、シロツメクサを花冠にする本当の意味を知ってみませんか?

https://www.pakutaso.com/20110614175post-286.html

スポンサーリンク

シロツメクサの花言葉

シロツメクサ(クローバー)には「幸福」「私のものになって」「忘れないで」という恋の成就を願う意味の花言葉があります。

「四つ葉のクローバーを見つけると幸せになる」というお話は大人から子供まで知っていますね。

復讐の花言葉の由来

暗い空

https://www.pakutaso.com/20131123322post-3508.html

可愛さ余って憎さ百倍?!

シロツメクサの花言葉である「私のものになって」「忘れないで」という言葉の裏返しとして「復讐」という意味があります。

「幸福」を願って起こした行動が、実を結ばなかったらどうなるでしょう?それが「復讐」への気持ちに転じてしまうことは、決してめずらしいことではありません。

「復讐」は以下の様な気持ちの変化を表しているのです。

「私のものになって」「私を忘れないで」と願った大好きな人への思いが叶えば、私は「幸福」です。

しかし、叶わなければ「私のものにならなかった」「私を忘れてしまった」ということになり、願いをかなえてくれなかった人に「復讐」してやりたくなるのです。

恋に破れた人の気持ちであったり、めでたく結ばれた2人のことを想っていた人たちが抱く嫉妬の気持ちであったりと、願いが叶わなかった人の悲しみやうらみを表しています。

しかしあまりにも強烈な想いの変化を表す言葉です。相手に対する気持ちが強ければ強いほど、それが何かで変わってしまったとき、恐ろしいほどのエネルギーになるのですね。

スポンサーリンク

花冠にすると・・?

草原と空

https://www.pakutaso.com/20150346083post-5307.html

シロツメクサの花冠を作って、相手の頭に乗せる光景を思い浮かべてください。乗せられた側も、乗せる側もきっと笑顔あふれる「幸福」な光景ですよね。

とてもほほえましいのですが、これは「私を忘れないで」という意味であって「忘れたら復讐しますよ」という強いメッセージなのです。

もはや、おまじないや願い事、というようなかわいらしい響きではなく、呪いに近いものを感じます。

知らないほうがよかったかも?

花の冠

https://www.pakutaso.com/20110609177post-295.html

意味が全く違う花言葉を持つ「シロツメクサ(クローバー)」

たくさん生えているのを目にしたら、「幸せになれそう!」と花冠を作ってしまいそうですが「シロツメクサの花冠」の意味を知った後だと少しためらってしまいますね・・・。

案外意味を知らなかったほうが、花冠の美しさを楽しめたのかもしれませんが、あえて、恋人に花冠をあげるのもまた一興かも・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする