「お墓参り服装」芸能人から学ぶ失礼のない服装とは?

睡蓮の花お墓参りの時に気になるのが服装ですよね。

黒い服で統一するべきなのか、それとも気にせず普段の服装で行くべきなのか?当然告別式では喪服ですが、その後のお墓参りではどのような服装で行くことがマナーなのか…。

そんなあなたの疑問を解決します。

【画像出典】 http://www.photolibrary.jp/img217/111301_1533573.html

スポンサーリンク

お墓参りの服装とは?

時期や故人との間柄によって変わります。

もし故人がずっとむかしのご先祖ならば普段着でお墓参りに行っても支障はないと思います。お盆やお彼岸のシーズンは普段着で行く方が多いですよね。

しかしまだ亡くなられて1年たっていないような方のお墓参りにうかがう際は喪服、または黒っぽいお洋服で行くことをお勧めします。故人のご家族に会われる際はなおさらですね。

しかし、1番大切なのは故人を思う気持ちです。世間一般の常識から外れていない服装を心がけてください。

絶対によくない!お墓参りの服装とは?

一般的に全身が白、赤などの派手な色はさけてください。本来めでたいとされる白と赤はお墓参りにはふさわしくありません。また女性ならば露出が高いお洋服も避けたほうがよさそうです。それがあなたらしさなのだとしても、こういった場所では慎むべきですね。

高級なアクセサリーをつけたり、香水をふりまいたり……、などという目立つ行為も控えてください。あなたのファッションショーではなく、故人を偲ぶためのものです。

芸能人でもよく告別式にて服装を間違えてしまう方がいますね。喪服なのですから全身真っ黒に包む程度で丁度よいのです。それ以外のアクセントは必要ありません。

派手な化粧、派手な髪型で登場し、さらには大きなリボンをつけてしまうと冷ややかな目で見られます。

かわいらしい服装をすることが仕事であることはわかりますが、お仕事と冠婚葬祭はまた別です。気持ちを改めることが必要ですね。

はずかしい思いをしてしまうのはご自身ですので、しっかりと自分で調べてふさわしい服装で故人に会いに行ってあげてください。

また亡くなられてから何年も経ち、ご実家の仏壇に手を合わせに…などというシーンもあるとおもいます。その際ご家族とお話しすることにもなりますね。

そういった際はヒョウ、トラなどの柄物はお控えくださいね。若い女性ですとそういった私服をお持ちな方もいるとはおもいますが、受け入れられない場所のほうが到底多いということを念頭に置き、TPOにふさわしいお洋服をそろえておいたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

おすすめなお墓参りの服装

喪服以外で、私服でお墓参りをする際のおすすめな服装をご紹介します。

男性服装

【画像出典】http://xn--40-fg4atdrcvftf1d1793a4cubvoyc.jp/img/s2.jpg

まずは男性編

男性はそもそも派手な色合いの服を着る方は少ないように思います。白いシャツを着て紺色や黒などのジャケットやセーターを羽織るだけで文句なしの服装になりますよ。
しかし最近流行のハーフパンツは控えてくださいね。

女性服装

【画像出典】http://image.rakuten.co.jp/tiaclasse/cabinet/02720279/vgf20022-m.jpg

女性編

露出が最小限に抑えられていることを確認してください。肩や背中、足は必要以上に出ていませんか?もし肩や背中が出てしまうようでしたら一枚上に羽織るものを用意してください。

赤やピンクなどの色ではなく、せめてパステルイエローなどの控えめなものにするとなお良いと思います。スカートは膝丈がベストですね。ミニスカートに嫌な顔をする方がいることもあります。

髪を明るい色に染めているならば束ねてください。それだけで随分と印象が変わるはずです。

いかがでしたか?
お墓参りの服装について、ヒントは得られましたでしょうか?
すてきなあなたで、故人に会いに行ってあげてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする