いちごの旬はいつ頃?いちご狩りで人気の種類や甘さ順価格順をまとめました

いちご
甘くて美味しいいちご!噛んだ時の感触が癖になっておいしいですよね。種類もたくさんあって、好きないちごの品種は好みによって変わってくるのではないでしょうか。

「あれ?年間を通してスーパーで売ってるよね?旬っていつ?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。1月からイチゴのお菓子が増えますので、なんとなく感覚でわかってもいつ頃まで美味しいか知らない人は少ないのでは?

今回は、そんないちごの旬などについてご紹介します!

出典:https://www.flickr.com/photos/funch/1346359513/?rb=1

スポンサーリンク

いちごの旬っていつ?

いちご 赤と熟す前

出典:http://www.flickr.com/photos/sigusr0/1460105322/

実は、いちごは露地栽培とハウス栽培の2種類の方法で栽培されています。露地栽培とは、いちごを屋外で育てることです。

本来、いちごは5月から6月の初夏にかけて旬を迎える果物ですが、近年では農家の方達による品種改良に伴い、旬が徐々にずれ始めています。
露地栽培の場合は、4月から5月にかけて旬を迎えます。

露地栽培のいちごは、天然で育てられているため甘みが強いという特徴がありますが、傷みやすく、すぐにダメになってしまいます。
反対にハウス栽培で育てられたいちごは、人工的に育てられているため、発育がコントロールされており、12月後半から3月上旬くらいが旬のピークとなっています。

イチゴ狩りで人気のある品種は?

観光イベントとして定着してる「イチゴ狩り」ですが、人気のある品種はなにかご存知ですか?今回は、3種類ご紹介します。

定番?!甘くて美味しい「とちおとめ」

とちおとめ

出典:http://plaza.rakuten.co.jp/frair/diary/200901120000/

とちおとめは、酸味が少なく甘みが強いことが特徴で、多くのスーパーなどに出回っています。
とちおとめの旬は12月から3月頃までとなっており、生産シェアは栃木県が圧倒的に高いシェア率を誇っています。

適度な酸味と甘さ!「紅ほっぺ」

紅ほっぺ

出典:http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/Strawberry-Benihoppe.htm

次に人気があり定番と言える種類が「紅ほっぺ」です!紅ほっぺは、適度な酸味と甘さがあることが特徴で、いちごミルクとの相性が良い品種です。ケーキなどに乗っかっているいちごは、紅ほっぺが使われていることも多いそう。
旬は、1月から3月頃となっています。

柔らかくてとってもおいしい!「章姫(あきひめ)」

章姫(あきひめ)

出典:http://www.puret.jp/shop/washinofarm.php

柔らかく果汁がたっぷり詰まってる「章姫(あきひめ)」は、全国のイチゴ狩り農園でも取り扱っている人気のある品種。円錐形をしているのが特徴です。酸味が少ないため、「酸っぱいのが苦手~」という方でも食べやすいです。
章姫の旬は、1月から4月頃です!

スポンサーリンク

甘くて人気のある品種は?

甘くて人気のある品種は、「とちおとめ・紅ほっぺ」が王道なのですが、もう数種類ご紹介しますね!

糖度が高く酸味が少ない!「あまおとめ」

あまおとめ

出典:http://plaza.rakuten.co.jp/gateau2006/diary/201002230000/

「あまおとめ」って品種に「なにそれ」と思う方も少なくないでしょう。あまおとめとは、愛媛県で生まれた品種で「とちおとめ」と「さがほのか」を掛けあわせた新品種です。

酸味が少なく、糖度が高いため「非常に甘い品種」です。
旬は12月から3月頃となっており、円錐形で粒が大きいのが特徴ですよ!スーパーなどで見かけたらぜひ食べてみてください!

甘さと酸味の絶妙バランス!「さちのか」

さちのか

出典:http://tanegomi.com/archives/79

甘さと酸味が絶妙なバランスとなっている「さちのか」。全国的にも栽培されており比較的、スーパーなどでも手に入れやすい品種なのではないでしょうか。特徴は、サイズが大きく全体的に赤いです。
旬は、1月から3月頃ですよ!

もものように甘い?!「ももいちご」

ももいちご

出典:http://tokupro.exblog.jp/7435522/

ももいちご?ももといちご?のように頭に?マークが浮かぶ人もいらっしゃるのではないでしょうか。徳島県で栽培されている「ももいちご」は糖度も高く、酸味が少ないため甘くて人気があります。

徳島県以外で栽培されているももいちごは、あかねっ娘という名前で販売されていますが、同じ品種です。特徴は、丸みがあって、果肉が柔らかいです。
旬は、他のいちごと同様、1月から3月頃となっています。

高級いちごの種類と価格は?

贈答用などで取引される高級いちご。人気のある種類と平均価格をご紹介します。

希少?!栽培量が少ない「アイベリー」

アイベリー

出典:http://www.tohnosho-kanko.jp/sightseeing/miru_asobu.html

栽培が難しく、栽培量が少ない「アイベリー」は希少ないちごとして知られています。粒の大きさは、大粒で美しい形をしているので贈答用にピッタリですよね。価格はおおよそ2000円台と、さすが希少価値が高いいちごとあって価格もそれなりにしています。

旬は、1月から3月頃となっています。
主にインターネットで買うことができますが、直接見てみたいという方は高級果物店に行けば見てみることができると思います。

とちおとめの後継品種!「スカイベリー」

スカイベリー

出典:http://ameblo.jp/princessxsweets/entry-11475845695.html

栃木県が長い年月をかけて開発した「スカイベリー」。とちおとめの後継品種としても期待されています。特徴は、糖度が高く酸味が少ないというところです。とっても甘いというわけではなく、まろやかな甘味が特徴です。

価格は、おおよそ3000円台とかなりお高め。それなりに味はしっかりしているので贈答用としても喜ばれることまちがいなし。
スカイベリーの旬は、2月から3月頃がピークですが、12月下旬から出荷が始まっていきます。

白イチゴ!「初恋の香り」

strawberry-season10

出典:http://plaza.rakuten.co.jp/webcafe/diary/201102170000/

なんとも名前からして甘酸っぱそうないちごですが、本当は酸味もほどほどで甘くて美味しいいちごです。まろやかな甘味が特徴で、熟していても赤くならないなんとも珍しい白いちごです。

価格は、おおよそ5000円程度と相当高いです。百貨店などで購入できるようですよ。旬は、1月から3月頃と他のいちごとあまり変わりません。初恋の香りは非常に高級な種類なので躊躇する方もいらっしゃると思いますが、ネットで探せばお得なパックも売っているそうなので、気になるのであれば探してみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする