お年賀タオルをなぜ渡すのか意味や理由を知って年始のご挨拶を考えよう

お年賀タオル

年末年始をひかえてあわただしい毎日になってきました。お正月の準備もそろそろはじめなくてはいけません。

「お正月」といえば、年頭のご挨拶にお年賀タオルをいただく方も多いでしょう。

会社や商店などお店関係の方は、今の季節になるとお年賀タオルの準備で大忙しかもしれませんね。

毎年なにも考えず受け取っているお年賀タオルについて解説いたします。

出典 http://www.ordertowel.com/guidance/noshi.html

スポンサーリンク

お年賀タオルの由来

あたりまえに配ったり、いただいたりしている「お年賀タオル」ですが、由来や意味を知らない方が多いのではないでしょうか。

お年賀タオルの由来は江戸時代の歌舞伎役者が、御贔屓(ごひいき)のお客様に手ぬぐいを配ったことが始まりです。

自分が考えたデザインや家紋を染めて、手ぬぐいを年始の挨拶に持参する風習があったそうです。

由来は手ぬぐいでしたが、現在はタオルが一般的になりました。「手ぬぐいよりもタオルの方が実用的で安い」という理由で現在に定着したようです。

お年賀タオルの習慣はいつから始まったの?

歌舞伎役者のお年始のご挨拶に持参する手ぬぐいでしたが、「お年賀タオル」の習慣はいつから始まったのでしょう。

始まった時期は明治時代ごろと言われています。

小売店がなじみのお客様に感謝のお礼と「今年もご愛顧をお願いします」の意を込めて配り出しと言われています。

正月の三が日の間に、小売店主自身がお客様の家を訪問して、ご挨拶にうかがう時に持参していたそうです。

現在も習慣は続いていて、企業間での年頭のご挨拶や、お客様へのお年始の挨拶に持参するものとして一般的になっています。

スポンサーリンク

お年賀タオルを贈る時期

現在では年を越す前に、翌年の干支の図柄入りの招福タオルを贈ってくださる企業も多くなりました。

一般的には、企業やお店の取引先・お得意様・お客様への「お年賀タオル」は松の内と呼ばれる、1月15日までにとされています。

ただし、時期にこだわりすぎてはいけません。現在では企業の仕事始めの時期もさまざまです。お客様のご都合もあります。

一般的な時期を過ぎても、年頭のご挨拶の時に手ぶらというのはマナー違反です。時期が過ぎていたとしても、ご挨拶の時には感謝の意味を込めて「お年賀タオ」ルを持参すると先方も喜んでくれます。

お年賀タオルを渡す時のご挨拶

あけましておめでとうございます

出典 http://bibibits-of-knowledge.com/archives/1270.html

お年賀タオルは、直接ご挨拶するときに持参しお渡しするものです。その時にどのようなご挨拶をするのかも大切ですね。

渡すだけのもではありませんから、旧年中お世話になった感謝の意と、「新たな1年をまたよろしくお願いします」という意を込めたご挨拶をそえてお渡ししなければいけません。

あまり気の利いた言葉を言おうとすると失敗しやすいものです。

「あけましておめでとうございます。昨年中は大変お世話になりありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。」

このような基本の挨拶を、しっかりはっきり、丁寧にされることをおすすめします。

お年賀タオルは、企業やお店の年始のご挨拶で持参するものです。年始のご挨拶は、1年の始まりの中でとても大切なご挨拶です。いつも行く営業とはまた違った気持ちで、「お年賀タオル」を持ってご挨拶にうかがってください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする