おみくじの意味知ってた?待人と恋愛縁談の内容とは

おみくじの意味

毎年、年初めに引く人も多いと思われるおみくじ。

運勢が気になりますが、やはり内容も気になるはず!でも「待人ってなに?」など意味がわからないという経験ありませんか?

今回は、おみくじの待人・恋愛・縁談の内容をご紹介します!
出典 http://p.twpl.jp/show/large/007Gq

スポンサーリンク

おみくじの意味 待人とは?

待人とは、「私のことを待っていてくれる人のこと」と思いがちですが、実は違います。本当の意味は、「自分の思う待人」です。つまり定義がないということです。

例えば、「待人=運命の人」でも良いですし、「待人=自分の転機になる人」でも良いでしょう。おみくじに「待人 来る」とあった場合は、年中に何らかのアクションがあるということですね。

ただし!自ら動いてチャンスを作らないと来ない場合があるので、神様をアテにすぎるのは禁物ですよ。

おみくじの意味 恋愛とは?

恋愛とは、そのまんまの意味で「恋」のことです。

今お付き合いをしている人の今後の運勢、今はお付き合いしていないけども恋人が欲しい人の運勢など、この先、起こるかもしれないことが記されています。

おみくじは一種の占いなので、それを過信するのではなく頭の片隅に入れておいて今後に役立てるといいですね!

スポンサーリンク

おみくじの意味 縁談とは?

縁談とは、「結婚」のことです。

特に、人からの紹介のことを指す意味合いが強く、近々結婚する方やお見合いがある方は気にかけてみてください。

「人からの紹介」と言いましたが、これは共通の知人も含まれます。友人の結婚式で知り合った人と出会うということも縁談に含まれます。最近では、恋愛の項目が縁談の項目に含まれているおみくじもあるので、注意深く解釈してみると良いですね。

こんなお告げがでたら要注意!?

①恋愛のお告げ

おみくじの中に、「一線を越えるな」「深入りするな」というお告げがあったら要注意です。特に、恋愛系の部分にかかれていることが多いそうです。

恋愛の「一線を越えるな」「深入りするな」というのは、絶対です。一線を超えてしまえば、今までの友情はこわれてしまい深入りしてしまえば、知りたくもなかった真実を目の当たりにすることもあります。

例えば、既婚者の方と知り合って意気投合し、肉体関係を持ってしまえばそこで「一線を超えた」事になります。

つまりは、不倫ですよね。超えてはいけない一線を超えてしまえば、色々と失うことも多いのです。おみくじを引いて「一線を越えるな」「深入りするな」などのような注意を促す文言が出た場合は、安易な行動は慎むと良いですね。

②待ち人のお告げ

待ち人の項目に「待人 来ず」と書いてあった場合は、そのまんまですが「待っている人は来ないよ」ということになりますよね。

その場合は、自らが行動しチャンスを掴むか、もう一度後日改めて引き直すと良いですね。

③縁談のお告げ

縁談に「いろいろさわりあり、ひそかにすれば良し」と書かれてあった場合、いろいろな障害があるから、密かに進めれば良いですよという意味になります。

なので、このような文言が出てきた場合には、周りの友人らに「縁談の話があるんだ~」などと言いふらさずに、秘密裏に進めると邪魔が入らずに穏やかにまとめることができそうですね。

いかがでしたか?おみくじには、様々な意味があります。おみくじのことを神様からのお告げという人もいます。ただし、意味をどう解釈するかは自分自身に委ねられているので、プラスに解釈すると今後の運気も上がっていきますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする