鎌倉・長谷寺の紅葉2014の見ごろや時期は? ライトアップと散策コース

長谷寺紅葉0

長谷寺アジサイで名高いですが、紅葉でも有名です。鎌倉のお寺で唯一、紅葉がライトアップされるため、時期には必見のスポットです。

こちらでは、長谷寺の紅葉を見るにあたっての最適の時期と、ライトアップ情報、さらにおススメの周辺散策スポットをご紹介していきます。

出典 http://photograph.pro/bin/img/photo/09112511_FHD.jpg

スポンサーリンク

長谷寺の紅葉が見れる時期は?

長谷寺は、ライトアップが始まるのが11月下旬ですから、どんなに早くても中旬過ぎにお出かけになるのがよいでしょう。

鎌倉は、「冬紅葉(ふゆもみじ)」といい、11月も下旬ごろから紅葉狩りのシーズンとなります。それが12月中旬ないし下旬までつづくため、他にくらべて、遅くまで紅葉を楽しむことができるのです。

相模湾に接しているので他の地域より暖かいからです。紅葉も早く行くと、葉がまだ青々としているなんてことも。

ちなみに“紅葉ヶ谷”瑞泉寺妙本寺などはさらに遅く、クリスマスあたりが見ごろ。新しい年を迎えても紅葉が楽しめるなんてことも。

長谷寺の紅葉のライトアップって、どんな感じ?

長谷寺紅葉1

出典 http://kouyou.kisetumono.com/freelovelife/wp-content/uploads/2012/07/%E9%8E%8C%E5%80%89%E3%81%AE%E9%95%B7%E8%B0%B7%E5%AF%BA%E3%81%AE%E7%B4%85%E8%91%89.jpg

上の写真はのライトアップです。

長谷寺紅葉2

出典 http://img-cdn.jg.jugem.jp/b9d/2347858/20131213_148356.jpg

こちらはほぼ同じ場所で、昼間を写したものです。

昼間もきれいですが、くらべると、ライトアップされたときの印象が劇的なまでに鮮やかに変化するのがよくわかります。長谷寺のライトアップが有名な理由がうなずけますね。

長谷寺の紅葉期の見どころのひとつ、池に映る“逆さ紅葉”です。

長谷寺紅葉3

出典 http://blog-imgs-36.fc2.com/h/h/a/hhatayan/2010121011523821d.jpg

下の動画でタイムカウント〔6:00〕のところから、長谷寺のライトアップのようすをご覧いただけます。

スポンサーリンク

長谷寺の紅葉がライトアップされるのは、いつ?

長谷寺紅葉4

出典 http://kamakura-guide.jp/wp-content/uploads/2013/04/hasedera_110.jpg

長谷寺の2014年のライトアップ期間は、11月22日(土)~12月7日(日)です。詳細を下の枠内にまとめましたので、ご覧ください。

ライトアップ期間は、拝観時間が延長されます。平日は午後6 時まで、土日祝は、午後6時30分までに境内にお入りください。

〈ライトアップ期間〉11月22日(土)~12月7日(日)
〈ライトアップ時間〉・平日:日没~午後6時30分(6時まで入れます)
・土日祝:日没~午後7時(6時30分まで入れます)
〈入山料〉     ・大人300円 ・小学生100円
〈長谷寺のTEL〉  0467‐22‐6300
(※2014 年9月時点の情報です)

長谷寺といっしょに見ていただけるおすすめ散策コース

せっかく紅葉の名所の多い鎌倉に来たのですから、長谷寺だけ見て帰るのは、もったいないですよね。

体力に自信のない方にもおすすめできる、紅葉の名所・北鎌倉の散策コースをご紹介します。北鎌倉駅に近く、本命の長谷寺へのアクセスが便利で、足に負担をかけることなく、紅葉をたんのうしていただけます。

午前中か、午後の早い時間に鎌倉にお出かけください。長谷寺の夜のライトアップ時までゆっくり歩いたりお食事していただけることを想定したコースです。

《北鎌倉おすすめコース》

〔行き〕
◯北鎌倉駅→円覚寺→明月院→★①「タケル・クインディチ」あるいは★②「笹の葉」→北鎌倉駅→鎌倉駅→江ノ電長谷駅→★「手ぬぐいカフェー花屋」→長谷寺

★①明月院周辺のおすすめ昼食スポット:イタリアン「タケル・クインディチ」
★②北鎌倉駅周辺のおすすめ昼食スポット:自然食料理「笹の葉」
★長谷寺周辺おすすめカフェ:「手ぬぐいカフェー花屋」

〔帰り〕
◯長谷寺→鎌倉駅

円覚寺(えんがくじ)

円覚寺は北鎌倉駅の目の前にある、駅からすぐに行けるお寺です。
元寇後1282年、鎌倉の執権・北条時宗が、元と日本双方の戦死者の霊をなぐさめるために開山しました。

円覚寺の紅葉はみずみずしく艶っぽいと言われています。まず迎えてくれる門前の鮮やかな赤色のモミジは有名です。

一般の方が座禅を修行するための場所、「居士林」は紅葉の見どころ。

長谷寺紅葉5

出典 http://hidebata.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2010/11/28/20101126_engakuji4.jpg

平安朝にタイムスリップしたかのような「妙香池」。いにしえの典雅な雰囲気とともに池周辺の紅葉の美しさにひたることができます。

長谷寺紅葉6

出典 http://bbnet.sakura.ne.jp/sblo_files/shonanbb/tera_kamakura/13112906.jpg

【JR横須賀線・北鎌倉駅からのアクセス】
地図※①下の画面上部の、「ストリートビュー」の文字をクリックしてください。
②「全体図を含める」の□をクリックして、チェックを入れてください。
③北鎌倉駅から円覚寺までのルートと、途中の道すじの画像が表示されます。印刷もできます。
【地図埋め込み】

明月院

初夏、花の美を“明月院ブルー”と称えられる「アジサイ寺」明月院。もとは北条時宗が再興した禅興寺の小院でしたが、本寺は明治時代に廃寺となったため、いまは明月院だけが残っています。

明月院といえば、本堂の「丸窓」。窓から見える紅葉は、秋最大の見どころです。

長谷寺紅葉7

出典 http://pds.exblog.jp/pds/1/201212/10/01/e0153701_22314881.jpg

丸窓から見える「本堂裏庭園」の、赤・青地蔵の安置されている広場の紅葉の美しさは幻想的ですらあります。紅葉期は、入園料500円で特別開放されます。

長谷寺紅葉8

出典 http://web-kamakura.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2013/12/04/meigetuinkoyo1312043.jpg

明月院の名にちなむ重要アイテム「うさぎ」があちこちに!

長谷寺紅葉9

出典 http://web-kamakura.cocolog-nifty.com/blog/images/2012/12/05/meigetuinusagi121205.jpg

【円覚寺→明月院】
地図(※円覚寺の地図と同じところをクリックしてください。)
【地図埋め込み】

おすすめ昼食スポット①「タケル・クインディチ」

明月院を出たら、そろそろ疲れて休みたい気持ちになりますよね。北鎌倉駅への途中で昼食はいががでしょう。

ひとつめに、雰囲気のよい古民家風のイタリアンのお店をご紹介します。人気なので、行かれるときは予約をしていただいたほうがよいでしょう。
・住所:〒247-0062 鎌倉市山ノ内1384 北鎌倉 東慶寺門前
・TEL:0467‐23‐7355

【明月院→「タケル・クインディチ」】
【地図埋め込み】

【「タケル・クインディチ」→北鎌倉駅】
【地図埋め込み】

おすすめ昼食スポット②「笹の葉」

おすすめ昼食スポット2つめをご紹介します。有機野菜を使った、体に優しい自然食ランチを、こちらも古民家ふうのレストランでいただけます。やはり予約していただいたほうがよいでしょう。
「笹の葉」
・住所:〒247-0062 鎌倉市山ノ内499
・TEL:0467-23-2068

【明月院→「笹の葉」】
【地図埋め込み】

【「笹の葉」→北鎌倉駅】
【地図埋め込み】

【北鎌倉駅→鎌倉駅→長谷駅】
ご昼食後は、北鎌倉駅に戻りましょう。北鎌倉駅からJR横須賀線で鎌倉駅に。鎌倉駅からは江ノ電で長谷駅に移動してください。

長谷寺周辺のおすすめカフェ「手ぬぐいカフェー花屋」

長谷寺のライトアップまで時間があれば、長谷寺の辺りでお茶はいかがでしょう。鎌倉らしい落ち着いた雰囲気のなかで、家に帰ったようにリラックスできる古民家カフェをご紹介します。

※人気ですがとくに予約しなくても入れるでしょう。

「手ぬぐいカフェー花屋」
・住所:〒248-0021 神奈川県鎌倉市坂ノ下18-5
・TEL:0467-24-9232

【長谷駅→「手ぬぐいカフェー花屋」】
【地図埋め込み】

【「手ぬぐいカフェー花屋」→長谷寺】

長谷寺

いよいよ本命の長谷寺のライトアップにやってきました。ライトアップ時間に合わせて行きましょう。

ライトアップを堪能されましたら、長谷駅へ戻りましょう。お疲れさまでした!

【長谷寺→長谷駅】
【地図埋め込み】

忙しい日常、季節を体感する機会もなかなかありませんよね。
もう冬だからだめ、とあきらめずに、ほかよりも紅葉の遅く始まる古都・鎌倉をぜひご訪問ください。

名刹、長谷寺のモミジの赤と、イチョウの黄色、そしてライトアップされた幻想的な光景は、私たちが忘れている秋の美しさを、心にもういちど鮮やかに映しこんでくれます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする