インフルエンザの予防接種の時期は2014年11月がベスト?効果ある期間はいつまで?

インフルエンザ予防接種

医師へのアンケート結果では、回答結果の8割が接種の適正時期を11月としているそうです。
効果の期間は4ヶ月(長くても5ヶ月)なので、11月に予防接種を受けると翌年の3月ぐらいまでは予防の効果が得られるわけです。
よって日本が一番寒くなる冬の時期に効果を得るためには、11月に予防接種を受けるのがベストであるということになります。

出典 http://www.misaki.rdy.jp/illust/child/gakkou/title/2feb/sozai/602.jpg

スポンサーリンク

予防接種のタイミングはいつ?いつから受けられるの?

予防接種でワクチンを投与しても、すぐに効果がでるわけではありません。接種後3~4週間後に体内に抗体ができ効果がではじめ、抗体が徐々に減っていき無くなるまで効果が持続します。(前述の通り効果期間は4~5ヶ月)
つまり接種後3~4週間は効果がない期間があることになります。

また、インフルエンザは11月~12月頃に流行り始め、ピークは1月~3月であることから、12月~3月効果があることがベストということになります。
この時期に効果を得るためには、12月に入る3~4週間前にインフルエンザの予防接種を受けるのが最適であるため、「11月にうけるのがベスト!」となるのです。

だいたいの病院では、10月中旬ごろからインフルエンザの予防接種を受けられるようですので、11月初旬から、遅くとも12月中旬ごろまでに受けておくとよいでしょう。

インフルエンザ予防接種1

出典 http://i0.wp.com/fgsyuji01.com/wp-content/uploads/2013/10/infuru4.png

1回受ければ良いの?

1回接種だと64%2回接種だと94%の予防効果があるという統計があります。つまり2回受けると、ほとんどの人に予防効果が表れるということになりますが、逆に考えると2回接種しても6%の人はインフルエンザにかかってしまうという統計結果になります。

でも64%の予防効果が94%にあがるなら、2回受けたほうが無難と考えるのが普通ですよね。

また、インフルエンザのウィルスは、毎年少しづつ違っていて流行が変化するので、この点からも2回の接種が確実性アップに欠かせないと考えることができます。

スポンサーリンク

赤ちゃんはいつから受けられる?年代別の回数は?

インフルエンザ予防接種の推奨年齢は、生後6ヶ月以上だそうです。
これは6ヶ月未満の赤ちゃんに接種する場合、ワクチンの量が少なすぎ効果が得られる可能性が証明できないためだそうです。

12歳未満の小児の場合、大人と比較して免疫力が少ない(安定していない)ため、予防接種は2回受ける必要があります。
また、65歳以上の高齢者も免疫力が低下しているので、合併症による重症化を防ぐ意味でも2回の接種が必要と言えます。

2回の接種を受ける場合、1回目から1~4週の間隔で2回目を受けることで効果が上がります。
できるだけ1回目の抗体ができた後(3~4週後)2回目を受けることが、ベスト時期ということになります。

インフルエンザ予防接種2

出典 http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-f2/jh4rgh557/folder/1006979/90/30889890/img_3?1324601236

理想的なインフルエンザ予防接種の受け方は?

インフルエンザの予防接種は、11月初旬とその3週間後の2回受けることで、効果が最大限となることが期待できます。
しかし、受けたから絶対かからないというわけではありません
2回の接種を受けても6%の人はかかることを意識しておきましょう。

日頃からの、手洗いやうがいをしっかりして、乾燥する時期には湿度にも気をつけることが最も重要ではないでしょうか。
また、睡眠を十分とり、免疫力をつける食事をとるなどして、自身の免疫力を高めておくことが、最大の予防となることを忘れずにいたいものです。

インフルエンザから身を守るための知っておきたい感染予防策は、以下の動画を参考にしてください。

http://www.youtube.com/watch?v=WNQ7Y9d4D4k

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする