卒業式の男性用袴の着付け方自分で出来る簡単な着方と方法

男袴0

卒業式では男性のスーツスタイルが多いですが、せっかく日本男子に生まれたのですから、この機会に男袴を着ておきたいですよね。

ですが卒業式に袴を着ようと思っても、着付けが分からないという理由で諦めてしまう人も多いと思います。

そこで一人で袴が履ける方法を紹介したいと思います。

袴を着るというのはどうしても敷居が高いですが、最近ではいろいろおしゃれな袴がありますし、ぜひこの機会に袴を履いて卒業式に出席してください。

出典 http://www.marusho-1010.com/catalog/catalogimages/5740/1.jpg


1・まず長襦袢は左側を上にして着ます。右側から袖を通すのが作法です。

男袴1

2・前かがみになると突っ張ってしまうのでヒモの上で余裕を作っておきます。

男袴2

3・次に着物です。背縫いがきちんと真ん中に来るようにしましょう。

長襦袢の襟が1cmくらい見えるように着ます。長襦袢と同じで前かがみになると突っ張ってしまうので紐の上で余裕を作っておきましょう。

ここでも右側から袖を通すのが作法です。
男袴3
4・次に帯結びですが先を半分に折ります。

男袴4

5・肘の長さくらいで取ります。

男袴5

6・取ったところを背の中心にし、上にしてクロスする。

男袴6

7・その後3回巻いて結びます。

男袴7

8・結んでから余っているヒモを前に持ってくる。

男袴8

9・15cmくらいで折る。

男袴9

10・折りながら後ろへ持ってきて、きっちりと締め直しながら結ぶ。

男袴10
男袴13

11・余っている部分はヒモの下に通して折り曲げ入れる

男袴15

12・次に袴ですが帯を見せないように履くのが一般的です。ヒモを後ろに回してクロスさせます。

男袴16

13・前に持ってきてしっかりとヒモを締め、右を上にし、左脇で交差させます。

男袴17

14・折り曲げて綺麗にヒモに重ねて後ろへ持っていく。

男袴18

15・後ろでヒモを2度ほどかけます。

男袴19

16・一度目にかけたヒモを持ちぎゅっと締め、緩まないように親指で固定します。

男袴20

17・蝶々結びにします。

男袴21

18・腰板に付いている留め具を帯の下に差し込み、腰板をあてがいながら前にヒモを持ってくる。

男袴22

19・上になっている紐を前のヒモに巻き、指で留めながら反対に返す

男袴23

20・上になっているヒモをもう一回巻きつけて前のヒモにくぐらせしっかりと締め紐を止める。

男袴24

21・紐を止めてから下のヒモを際で折り返す。

男袴26

22・折り返した先を13センチのリボンを作る。

男袴27

23・リボンを上から1・2回巻き付ける。

男袴28

24・余ったヒモを上に折り返し裏に入れ込む。

男袴29
男袴30

25・袴が着られたら鏡で後ろの方が前よりも高いことを確認する。

男袴31
こちらから動画で確認できます。

自分で着つけるときは、ヒモを締めるところが難しいですね。

ですが何回か試せば出来るようになりますよ。

ぜひ、袴をきっちり着こなして素晴らしい卒業式にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする