江ノ島イルミネーション2014‐2015の時間と期間は?夜のデートコースの場所

江の島0

江ノ島と聞くと湘南・海・サザン・・・と夏を連想させるものが多いですが、実は冬のイベントもとっても有名です!

その名も『湘南の宝石』と呼ばれ、関東三大イルミネーションの一つとして江ノ島イルミネーションは認定されているのです。

出典 http://art61.photozou.jp/pub/915/565915/photo/114239827_624.jpg

スポンサーリンク

江ノ島イルミネーションの見所って?

江の島1

出典 http://pds.exblog.jp/pds/1/201212/19/43/b0195043_0441691.jpg

今年も江ノ島の夜を彩るイルミネーションイベントの季節がやってきます。毎年楽しみにしている方も、今年初めて訪れようと計画されている方にも、ここでは様々な情報をご紹介させていただきます。

江ノ島イルミネーションの見所は何と言っても、サムエルコッキング苑内の数々の光の演出です。まずは4万個のスワロフスキーで飾られた豪華な光のトンネル。

江の島2

出典 http://lagoon-shonan.jp/blog/wp-content/uploads/2014/01/DSC_772001.jpg

そしてそのトンネルを抜けると『シーキャンドル』と呼ばれる江ノ島のトレードマーク展望灯台のライトアップ。その周辺も光につつまれた幻想的な空間が広がっています。

江の島3

出典 http://livedoor.blogimg.jp/nori_suke55/imgs/7/6/7687e056.jpg

シーキャンドルの展望台に上がって、江ノ島中に散りばめられたイルミネーションの景色を眺めるのもおすすめです。

江の島4

出典 http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/29/b0/2f455875e5ef5937dac43dce339ddb08.jpg

また、江ノ島イルミネーション期間中に『ウィンターチューリップ』が咲き誇るイベントも。例年だと1月中は開催されています。チューリップと言えば春なのでは?!とお思いの方も多いでしょう。

江ノ島は冬でも比較的温暖なので開花するこの「アイスチューリップ」と呼ばれるものは、花期が長い特徴を持つことも合わせて、1か月以上も美しい花を咲かせて楽しませてくれます。

2万本のチューリップとイルミネーションの競演という、真冬の中でも華やかに彩られる風景はまさに必見です!

江の島5

出典 http://blog-imgs-58.fc2.com/m/a/s/massa0216/20140118184818.jpg

ちなみに、サムエルコッキング苑への入場は大人(中学生以上)200円小人(小学生)100円、江ノ島展望灯台の展望台へは大人300円小人150円、と有料となっています。

チューリップをイルミネーションと撮影すると、より素敵ですね!

[ad#co-irumi]

江ノ島イルミネーションの期間と時間は?

江の島6

出典 http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-d8-fc/sunflower723oil/folder/132831/73/12270373/img_0

気になる今年の江ノ島イルミネーションの開催期間は・・・2014年11月29日(土)から2015年2月1日(日)となっています。

点灯時間については、17:00~20:00となっていますが、昨年の情報からウィンターチューリップのライトアップ期間は土、日、祝日は21:00までとなっていました。

ただ天候によっては営業時間が変更される場合も。点灯式やクリスマスイベントなどの情報と合わせて、お出かけ前にホームページなどで確認をされる方がよいでしょう。

スポンサーリンク

アクセス方法と駐車場情報

江ノ島までのアクセス方法については、小田急電鉄なら片瀬江ノ島駅より徒歩20分、江ノ島電鉄は江ノ島駅より徒歩25分、湘南モノレールは湘南江ノ島駅より徒歩26分、となっています。

車でお越しになりたい方は、平日ならば渋滞も比較的マシかもしれませんし、駐車場も周辺には結構な台数分完備されています。

江の島7

出典 http://kimagure-news.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_4c7/kimagure-news/E6B19FE3838EE5B3B6E59CB0E59BB3.gif

ほかにもタイムズやリパークなどのコインパーキングもありますが、それでもクリスマス期間や週末などは大渋滞が必至です。特にイブの夜は平日だとしても22時ごろまで全く車が動かない状態が予想されています。

やはり公共の乗り物を使ってのお出かけが時間を気にせず行動できるいちばんのおすすめ方法です。

当日の混雑はエスカーで回避しよう!

そしてもう一つの混雑状況について。江ノ島からサムエルコッキング苑や展望灯台へ向かうには、徒歩も可能ですが時間と労力が必要です。冬の海の夜ですから寒さもひとしお。

そこで利用したいのが「エスカー」という頂上まで4つほどのエスカレーターを乗り継ぐ有料(300円)の乗り物。特にクリスマスの時期はこの切符を購入するのにも行列が出来ています。

江の島8

出典 http://www.360navi.com/photo/09kanagawa/06enosima/05esuka/10photo22.jpg

展望灯台が混雑している場合は入場制限されていることが知らされる場合もあります。エスカーで頂上に付いてからもサムエルコッキング苑の入場切符を購入するのに長蛇の列が予想されます。防寒対策は万全に。

ここでお得な情報としてご紹介したいのが『eno=pass』という江ノ島1dayパスポートです。大人1000円小人(小学生)500円で、江ノ島エスカー1区発売所、片瀬江ノ島観光案内所、藤沢市観光センターで販売されています。

内容は、江ノ島エスカー・サムエルコッキング苑・展望灯台・江ノ島岩屋の各施設が1日に何回でも利用可能!それぞれ支払うよりも大人は360円、小人は130円お得です。

しかも江ノ島飲食店、お土産物店など61店舗で一定料金以上利用した場合提示すると、5%割引。ほかにも新江ノ島水族館や江ノ島アイランドスパの入館料が10%引きに。江ノ島をまる1日満喫するには必須アイテムです!

江ノ島の夜のデートスポット&コース。

江の島9

出典 http://www.fujisawa-kanko.jp/m/topics/t_img/topics_enopass.gif

そして江ノ島イルミネーションは、まさに夜のデートスポットとしてはうってつけな場所です。eno=passを使って見て、食べて、楽しんで・・・あっという間に1日が過ぎてしまうことでしょう。

そんな二人の帰りは江ノ電に乗ってみてください。各駅舎でそれぞれのテーマの華やかなイルミネーションが見られます。

最後まで楽しめる江ノ島のイルミネーション。寒い冬でも華やかな光に包まれてあたたかい気分になれます。最高の思い出になること間違いなしです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする