ポケモンGOにおすすめ!!

【サマーカット】チワワのライオンカットのやり方!バリカンで自宅で出来ます!

チワワ ライオンカット前チワワ ライオンカット後

この時期、暑さ対策として被毛を短くトリミングしているワンちゃんをよくみかけるようになりますね。

いろんな犬種がいますが、小さいチワワにも安心ですっきり爽快にバリカンを使って簡単に自宅でできるサマーカット(ライオンカット)のコツをご紹介します。

画像出典 http://parkm3blog.a-thera.jp/article/340211.html

スポンサーリンク

サマーカットはしたほうがいい?

トリマーによると、ロングチワワは元々カットする毛質ではないといわれています。

毛も伸びにくい体質ですし、あまりに短くカットすると毛質や毛並が変わってしまうこともあります。

被毛は摩擦や熱に対する強い抵抗力を備えているので、暑いからといって極端に短くしてしまうとワンちゃんの体に逆に負担をかけてしまいます。

でも、夏は皮膚トラブルも起こしやすいもの。長い毛の奥に害虫などが入り込んでしまっても、ケアがしやすいメリットもあります。

被毛の役割を考えつつ、長さを調整しながらちょうど良いスタイルにできるといいですね。

バリカンでカット

基本はバリカンでカットします。

被毛の生え方が変化しているため、ハサミでカットすると不揃いになってしまい余計時間がかかります。

ワンちゃんも辛いのでハサミはかたまりを解く程度の使用が良いでしょう。

パナソニックの「ペットクラブ犬用バリカン」がおすすめです。
コードレスで小さめなのでチワワなど小さな犬にぴったり。

3,6,9,12ミリのアタッチメントがついていてお手入れも簡単。

かわいい!ライオンスタイル

地肌がみえてしまうと紫外線の影響を受け、日射病や熱中症のリスクが出てきてしまうので、シルエットを整える感じで長めに刈りましょう。

アタッチメントを使って(3~6ミリ)顔周りとシッポの先を残して、滑らかに流しながら全身を刈っていきます。

その際、かたまりや毛玉があったらハサミで取り除いてくださいね。

意外と目立つ首の後ろは失敗しやすいので、ハサミで慎重に襟足から段々にして短くしていって、胴体にナチュラルにつながるようなイメージで。

耳の毛は3ミリのアタッチメントを使い、手で支えながらカットします。

シッポは筆の先のようにふわりと見えるように真ん中を長め、両サイドを斜めにすると、かわいいライオンカットの出来上がり☆

いかがでしたか?

バリカンのミリ数によってもかなり印象はかわってきます。

ブラッシングやシャンプー、普段のお手入れがとても簡単になり、おしゃれで涼しく、快適な夏を過ごせそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする