ポケモンGOにおすすめ!!

ムカデに刺されたときの症状&処置方法!病院に行く前に家庭で出来る治療法


ムカデ2

ムカデに刺された!!そんな時どうすればいい?
ほっといたら悪化し大変なことになります。決して軽んじてはいけません!
すぐに応急処置をしましょう。

出典 http://www.geocities.jp/faithfulwata/centipede/12.jpg・http://i1.ytimg.com/vi/1MsJLHln02g/hqdefault.jpg

スポンサーリンク

ムカデに刺されたらどうなる?

ムカデに刺された

出典 http://img.yaplog.jp/img/09/pc/k/a/n/kanonsb/0/834.jpg

ムカデに襲われたとき、「刺された!」と言うべきなの?

実際は、ハチのように針で刺すのではなく、一対の鋭いアゴで噛みつくので正確にいうと「噛まれた!」となります。どちらにしても、とても痛いですし、すぐに何らかの処置をしなければなりません。

ムカデの種類によって違いはありますが、その中でもアカズムカデは毒性が強く、セロトニンという成分はほとんどなく、ヒスタミンや局所透過性を高めるポリペプチドが含まれています。

噛まれると激しい疼痛(ズキズキする痛み)、しびれ、患部が灼熱感をもって赤く腫れて炎症を起こすなどの症状。また重症の場合、周辺組織が壊死や潰瘍化(ただれてしまうこと)することも。

局所症状は、人によって様々な反応があるようですが、発熱や頭痛、めまいや吐き気などの全身症状がまれに出るケースもあります。

特に気を付けなければいけないのは、スズメバチに刺されたときもそうですが、過去に1度噛まれた経験のある人です。アナフィラキシーショックを起こすことがあるので、そのような場合、至急、救急車を呼ぶようにしましょう。

刺された(噛まれたとき)の対処方法

最近ではネット内で対処方法がいろいろと紹介されています。その中から、まずは昔から行われている『冷やす』という処置方法をご紹介しましょう。

まず傷口から毒を絞り出す(非常に痛いですが・・・)とき、口で吸いだすのは衛生上オススメ出来ないので指で押しだす、もしあればポイズンリムーバーを使って絞り出してください。

傷口は小さいので効果はわずかですが、やらないよりやった方がいいそうです。

それから傷口を水で洗い流し、毒が拡がらないようにするため、患部周辺を氷や保冷剤などで冷やし、あれば抗ヒスタミン剤、ステロイド剤の入っている軟膏(たとえば、ムヒ、オイラックスH軟膏など)を塗ります。

その後はできるだけ安静にして症状を見守ってください。もし悪寒、吐き気、息苦しいなどのショック症状が出たら、すぐさま救急車を呼ぶということを忘れてはいけません。

次に紹介するのは『温熱療法』です。

これは医療分野ではまだ定着していないようですが、一部の医療機関で実践され始めているようです。あくまでも民間療法のレベルとしてご紹介します。

まずやけどしない程度のお湯(43度以上で。40度以下だと、かえって痛みを増すとのこと)で患部を10~20分、シャワーをかけて温めます。

ちなみに、冷やすのではなく、温める方がいいのか?

それは、ムカデの毒はタンパク質で酸性だから熱に弱いのです。そして体のごく浅い皮膚表面に毒が入るので、噛まれたらすぐにシャワーをかけて温め流すと、毒が拡がるのを抑えるというわけです。また弱酸性ではないシャンプーや石鹸などで洗うことが効果的ということだそうです。

実際にした方は、腫れや痛みが引くのが早かったらしいです。
この温熱療法を勧めている方によると、患部を冷やしたり毒を絞ったりという行為は、決してしないでください・・・と言っています。

これら二つの処置方法は、全く逆と思うぐらい違うので、実際にはどちらが良いかは判断できません。医師に聞いても答えがまばらだそうですが、昔からある冷やす方法を勧める医師の方が今はまだ多いようです。

参考動画

必ず病院へ行きましょう!

病院

出典 http://barber-hide.com/wp-content/uploads/2014/06/illust4087.png

ムカデに噛まれたショックと痛みと不安の中「どうしたらいいの?」と思いながら、でも何をしたらよいかわからない。

そんな時、少しでも早くやっておくべきことを知っていれば……。
ここでは、そのような時のために、知識としての処置方法を簡単にご説明しました。ですから、最終的には必ず病院で医師に診てもらってください。

『冷やす』『温める』のどちらの場合も素人の治療でしかありません。これぐらい平気と高をくくったり、薬を塗っていれば大丈夫と過信したりするのではなく、とにかく病院へ行きましょう。

ムカデは実はとても怖がりです。自分に触れてくるものに対して、危害を加えられると思って噛みつくのです。

室内で出会ってしまった時、あわてたり、パニックになったりせずに捕獲(火ばさみなどのトングがあればそれで)して、熱に弱いので、熱いお湯をかければ撃退できます。

臆病なムカデは、同じ場所にジッとしているわけではなく、なるべく暗くて、せまくて、湿っていて、エサ(仔虫)がいるところへ素早く向かいます。

ムカデが住みにくい環境をつくることや、蚊帳を使うなどの方法で出来るだけ刺される・噛まれることのないように、気を付けましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする