運動会のシューズ選びでかけっこの順位が変わる?!小学生編

運動会

かけっこに障害物リレーに、思いっきり走ったりジャンプしたりの運動会。でも速く走れるシューズってあるのでしょうか?

成長が早い子供には、どうしても大きめの靴を買ってしまいますが、シューズのフィット感でダッシュ力が違ってきますよ!

出典 http://hachisyonikki.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2007/10/17/p9220083_thumb.jpg

スポンサーリンク

速く走るには裸足が一番?速く走るためのシューズ選び

どんなにシューズが軽くて高性能でも、瞬間的には裸足で走った方が速いという実験結果があります。足が軽くなり、シューズのわずらわしさがなくなれば思いっきり全力疾走できるのです。

もちろん、これは芝生の上でのことで、アスファルト上を裸足で走れば足の裏が痛く、後半にはタイムがガタ落ちになります。

裸足とまではいかなくても、足袋だって速く走れます。つまりシューズが足にフィットしていればそれだけ速く走れるのです。シューズが大きすぎてブカブカだと、つま先の踏ん張りがきかなかったり、カカトから脱げてしまうのではないかと気になったり。

子供の運動能力、特に足の速さは生まれつきの素質があるにしても、それはほんの一握り。実際には子供の足の速さにそれほど大差はなく、運動会のかけっことなれば、実はシューズ選びで順位が決まってしまうといっても過言ではないのです。

運動会にはこのシューズで決まり!

シューズ

出典 http://i6i6.biz/2010/09/06/2010-09-06%2015-57-51.jpg

シューズ選びのポイントは、まずサイズがきちんと合っていて、足にフィットしていること。成長の早い子供には、服とおなじく、どうしても大きめのもの選んでしまいがちです。でも脱げそうだったり、逆に窮屈なシューズで全力疾走できるとは思えません。

また、履き方によってフィット感もちがってくるもの。つま先からカカトまでをきちんと合わせてからしっかりとを結びましょう。まちがっても、紐を解かないままで足を突っ込むような履き方はNGですよ!

次にカカトの部分がしっかりしていて、足の甲の部分が柔らかく曲がるデザインのシューズが速く走れるようです。ボディーは軽ければ軽いほどいいですが、必ずしも手に取った時に感じる重さではなく、自分の足に吸いついてしまうほどフィットしていれば軽く感じますよ。

子供たちに速く走れるシューズとして人気なのは、月星化成の「SUPERSTAR J098」。紐で結んだ上にマジックテープで止めるので、フィット感は最高です。

アキレスの「瞬足」は軽いボヂィーなのに耐久性に優れ、しかも丈夫です。コーナーリングまで意識したデザインなのでかけっこの距離が長い高学年のお子さんにも最適ですよ。

かけっこで負けたくない!と頑張るお子さんを応援するためにも、きちんと足にフィットしたシューズを選んであげましょう

最近はカラーやデザインも子供用とは思えないほどカッコいいものが多いので、運動会がさらに待ち遠しくなりますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする