成人式に着るスーツおしゃれな女性の着こなし方

成人式女性の着こなし0

成人式で女の人の服装といえば、まず真っ先に思い浮かぶのは振袖ですよね。

赤や黄色、青や緑など、色とりどりの着物はさぞかし華やかに見えることでしょう。しかし、一輪の花も他の花に紛れてしまえば目立たないもの。

どれほど装いを華やかにしても、同じように振袖を着たたくさんの人の中ではどうしても似たような格好になりがちです。

ここはひとつ、スーツでびしっと決めて注目を集めてみませんか?他の人と同じようにならず、大人っぽく見えますよ。

今日は成人式に着るスーツの、おしゃれな女性の着こなしについてお話します。

出典http://student.mynavi.jp/freshers/senpai/choitatu/images/120115kutsu.jpg

スポンサーリンク

成人式のスーツ 女性におすすめのブランドは?

成人式女性の着こなし1

出典 http://news.mynavi.jp/news/2013/09/19/137/images/001.jpg

おすすめは有名なAOKI。このブランドはとにかく種類が豊富。サイズや価格など、今の自分の状態に合わせて幅広く選ぶことができます。

デザインもかわいらしいものから落ち着いた感じのものまで様々です。

堅苦しいスーツばかりではありませんので、普段着と同じような感覚で選べますよ。

品質を重視するならザ・スーパースーツストアがおすすめです。原点がオーダースーツの会社であるために、このブランドのスーツは作りがしっかりとしています。

品質がよく価格も優しめなので、初めてスーツを購入する人には良いブランドと言えますね。

価格と重視でいくならナチュラルビューティーベーシックがおすすめ。

このブランドは他に比べてかなり安いにもかかわらず、品質が高いスーツが特徴です。飽きの来ないデザインが、初めてのスーツでも着こなしやすい印象を与えます。

ザ・スーツカンパニーは洗練された細身のデザインが特徴的。シンプルながらもスタイルをよく見せることのできるスーツを選ぶことが可能です。

他にもカジュアルなアイテムが多いので、スーツに合わせて幅の広い買い物ができますよ。

アンタイトルは多くの20代女性が愛するスーツブランド。シルエットが美しく種類も多いため、季節などに合わせて着こなしを楽しめます。

ニューヨークから始まったブランドであるセオリーの特徴は、シルエットのきれいな細身のスーツ。シンプルゆえに、着用した人の体つきを美しく見せる効果が期待できます。

一味違う、おしゃれなスーツの着こなし方

成人式女性の着こなし2

出典 http://student.mynavi.jp/freshers/biz/fashion13/women/img/item_w02.jpg

手軽に買える洋服などとは違い、スーツそのものに色やデザインなどの大きな違いがあるわけではないので、スーツの着こなしはインナーを何にするかで決まります。

インナーをフリルブラウスにするだけで、特段に華やかな印象へとシフトします。

また、ボウタイブラウスを選ぶと大きめのボウタイがアクセントになり、大人の女性を演出できますよ。

スカーフは色やデザインも豊富なので、インナーが普通でも首元に軽く巻くだけで個性を出すことができますよ。その場合は巻き方にも変化をつけて楽しみましょう。

スポンサーリンク

成人式のスーツに必要なアイテムは?

成人式女性の着こなし3

出典 http://img.allabout.co.jp/gm/article/409158/130401-01.jpg

スーツだけをきっちり着こなしても意味がありません。一緒に持つアイテムにもこだわり、成人式では他の人とますます差をつけましょう。

女性の場合、靴を選ぶならパンプスにしましょう。デザインも大切ですがまず自分の足に合うかどうかが重要ですので、ヒールのついたものを選ぶ場合は高さをよく確認してから購入することをこころがけましょう。

鞄は黒一色である必要はありません。グレーや茶色など、一色足したものを選ぶとあか抜けた印象になります。

アクセサリーはゴールドやシルバーの小ぶりなものがおすすめ。耳や首元に小さくきらりと光るものがあれば、それだけで全く違います。

アイテムの合わせ方でスーツのコーディネートは無限大です。自分に何が似合うのか、具体的にイメージして選ぶようにしましょう。

スーツといえばやはり仕事というイメージが強いもの。真面目すぎる印象があるかもしれませんが、工夫次第でいくらでも個性を出すことが可能です。

みんな同じような振袖の中、かっこよくスーツで決めれば注目を集めること間違いなし。

今年の成人式は、スーツでひと味違う大人の女性を演出してみませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする